神戸プレジール三宮本店

スタッフ紹介

Staff Introduction

支配人(店長)
成瀬 祥純 / Naruse Yoshizumi

平素よりひとかたならぬご支援、ご愛顧を賜り、心から御礼申し上げます。
兵庫県は北は日本海に、南は瀬戸内海に面しているという様々な気候・風土に恵まれた県でございます。そこで育つ様々な農畜産物を皆様に「知っていただきたい」「お召し上がりいただきたい」という思いで、当店は平成20年4月に開店し、早や10年を超えて参りました。この長きにわたり続けてこられました事、ひとえに「お客様に感謝」でございます。私共は、お客様の過される時間・空間を大切にしたいと思っており、お帰りになられる際のお客様の笑顔が私共の最大の喜びでございます。心地よく過していただくための品格を保ち、かつアットホームな空間で日本人が大切にしてきた「おもてなし」と兵庫県産の新鮮な食材を使ったお料理をご提供できればと存じます。
ぜひ、一度ご来店いただけることをスタッフ一同心からお待ち申し上げております。

料理長
原 光政 / Hara Mitumasa

私たちスタッフ一同は、一人でも多くのお客様に兵庫県産の農畜産物の良さを知っていただき、そしておいしく召し上がっていただけるように日々精進しています。
兵庫県は日本の縮図と言われているように北から南、西から東と豊富な食材が盛りだくさん四季を通じて育ちます。その食材の良さを生かした料理をご堪能していただけたらと思っております。お肉はもちろん今では世界的にも但馬牛のブランドは知れ渡っていることはお客様もご存じでしょうが、ぜひ一度世界を魅了する但馬牛をご賞味いただけたらと思います。私たちは、お客様の大切な時間を「喜び」と「満喫」で過ごせるひとときしたいと思っております。スタッフ一同お客様のご来店を心よりお待ちしております。

マネージャー
米澤 健二 / Yonezawa Kenji

マネージャーの米澤です。私が日頃サービスをさせていただく中で意識している事をお話します。
お客様にお店が決めたルールの中で「NO」と言い切ってしまう事はとても簡単な作業です。「NOにたどり着く前に他に答えはないのか?」を追及することが何より大切な意識と心構え。つまり、ルールやマニュアルのその向こうにたどり着いた時に、ようやくお客様から「サービス」と呼んでいただけるひとつの商品になる物だということーこれが未熟ながら私が日々意識し大切にしていることです。スタッフ一同が意識しひとりでも多くのお客様にJA全農兵庫のサービスをお届けし、笑顔と元気になっていただける様サービスに務めてまいりますのでみなさまぜひ一度ご来店ください。心よりお待ち申し上げております。

主任
田中 一樹 / Tanaka Kazuki

私は、神戸プレジールのオープンと共に入社し11年目に入りました。若いスタッフも育ってきた中、これからは若い力を中心にこの神戸プレジールを引っ張っていくことでしょう。私自身は、縁の下の力持ちという役割を精一杯努め指導していきたいと思います。その結果がお客様に喜んでいただけるような料理やサービス、そして素晴らしいレストランになるのではないかと思っております。ぜひ一度ご来店いただきまして、四季折々の豊富な兵庫県産の食材をご堪能ください。また、今後の神戸プレジールの成長を見守っていただき、時にはご意見をいただけましたら幸いです。

サブリーダー
川上 恵美理 / Kawakami Emiri

「神戸プレジール」はJA全農兵庫が、兵庫県産の新鮮なお野菜やお米を全国のお客様へPRする為につくられた直営のレストランです。
兵庫県自体、四方を海と山で囲まれ気候や土壌にも恵まれており非常に食材が豊富な土地です。そんな兵庫県内の各JAの農家様方が真心を込めて育てた食材を私たちが代わりにお客様へお届けするという重要な役割を持つレストランだと日々意識しております。オープン10周年を迎えまして、現在では海外のお役様にも広く認知され、国内外問わず様々なお客様に足を運んでいただいております。また、ご家族やご友人との食事会や接待だけでなく、記念日やお誕生日等の特別なお祝いの席としてのご利用機会も増えました。今後も四季折々の新鮮な食材を皆様にお届けするとともに、幸せななひと時を心ゆくまで満喫していただき思い出の一部となるようなレストランでありたいと思います。

キッチンスタッフ
大久保 友佳 / Ookubo Yuka

兵庫県は『山』と『海』に囲まれたくさんの食材や特産品があります。
少しでも兵庫県の事を知っていただきたい、四季折々の新鮮な食材を味わっていただきたいと思っています。美味しいものを味わっていただくことはもちろんの事、お客様に喜びや楽しみ、思い出に残る時間をご提供できようなサービスを日々意識しています。皆様に『食』と『神戸プレジールの空間』、『サービス』で笑顔になっていただけるレストランにしていきたいと思っています。ぜひ『神戸プレジール』で思い出に残るひとときをお過ごしくださいませ。

ホールサービス
中村 日向子 / Nakamura Hinako

「自分のサービスでお客様を笑顔にしたい」私はそんな思いから、サービスの専門学校を卒業後、神戸プレジールに就職いたしました。
プレジールの語源は「喜び」。お客様にとって喜びとは何だろう?また、自分にとって喜びとは何だろう?と、働きながら模索する毎日です。私は上司から、サービスに決まった正解は無い、と教わりました。全農兵庫のアンテナショップとして、兵庫県で生産される四季折々の食材の魅力をお伝えする。そして、お客様をよく見てひとりひとりに合った動きをする。料理だけではなく、サービスでも皆さまが「喜び」を感じられる空間作りのお手伝いを、私たちにさせてください。スタッフ一同、精一杯のおもてなしをいたします。